お気に入りを探そう
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

2015年04月03日

新自由主義 vs ピケティ

金持ちと大企業優遇の政策が長らく世界経済の潮流でした。

新自由主義経済 と呼ばれています。

小泉政権時代の竹中平蔵氏(息してるか?)が必死になって推し進めていましたね!


昨今の日本の景気回復にあたっても、

まず、大企業や金持ちから回復してもらって、そのあと一般人に景気回復が波及していく・・・(はずだ!)


という

トリクルダウン 理論によって政策が進められてきました。


しかし、最近話題沸騰の トマ・ピケティ氏 が

トリクルダウンは起こらない

ことを証明してしまったために、これまでの新自由主義経済は依って立つ根拠を失ってしまいました。

大前提が崩壊してしまったわけですw(゚o゚)w オオー!

このまま新自由主義に基づいた経済政策を続けていけば、格差は開く一方で縮まることはありません。

格差は開きすぎると、スラム化や暴動、最終的には革命・・・と、歴史が教えてくれています。


したがって、今後の経済政策をどのようにしていくのか、為政者側としては悩みどころだと思います。

まぁ、我々としては少しでも格差縮小になれば喜ばしいことではありますが( ̄ー ̄)



ぼくの記憶でも、一番良かった時代は80年代の前半〜中期、バブルに突入する前までの世の中でした。

明るい未来を信じて疑わなかったし、消費税もなく物品税の時代でした。


何かしら心に残ったら下記ランキング左斜め下バナーのクリックにご協力下さい。
人気ブログランキングへ
タグ:経済
posted by じょんぽーる・リンゴ at 04:36| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

みなさん、順調ですか???

じょんぽーる・リンゴは移籍した新しい職場で先月から本採用となり順調に働いています。

辞めた前の会社の人とも(同業者なので)時々会って立ち話をします。
前の会社ではまた一人、中堅どころの社員が辞めてしまって大変なんだそうです。


それはともかく、皆様におかれましては最近いかがでしょうか? ( ´ー`)ノ 

フリーター卒業はできましたでしょうか???

アベノミクスはそれなりに効果はあるようで、すでにデフレという言葉はあまり聞かなくなりましたね!
求人が増えたとか、アルバイトの時給が上がったとかいうニュースも流れてきてますしね。

しかし本格的に景気がよくなるためには、ここからさらにもう一段上にいく必要があるように思います。
まぁ、それは来年以降の話になりそうですが・・・。

とりあえず、2008年の金融危機に端を発した世界恐慌 は、ここらで終わりと考えてよさそうですね ホッ(-。-;)

大混乱に巻き込まれて人生変わっちゃった人もいるかと思います。
その後、安定した生活を取り戻せたでしょうか?

このブログの読者様で、順調にいきつつある方はコメント欄にでも一言メッセージを入れて頂ければ幸いです。


何かしら心に残ったら下記ランキング左斜め下バナーのクリックにご協力下さい。
人気ブログランキングへ
posted by じょんぽーる・リンゴ at 18:27| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

同業他社へ移籍しました!

前回の記事「丸3年経過・・・・・軌道修正」で予告していたことですが、


計画通りに同業他社へ移籍を果たしました。



すでに1ヶ月ほど働いているのですが、こちらのほうが働きやすいです。


移籍は正解でした(v^ー°) ヤッタネ


移る前にはいろいろな雑音も入ってきました。
曰く、『あの会社は〇〇だから(良くない)』とか
   『あいつ(ぼくを誘ってくれた先輩)は口が上手いから気をつけろ』
とか・・・・・。

ぼくは何も先輩に言われたから盲目的に移籍したわけではありません。
世の中の動きと自分の所属している会社の動きをよく観察して、より有利なほうへと動く判断を下しました。

@世の中全体の景気の方向が変わったこと。
A元の会社は不景気には強い客層と体制をもっているが、好景気には弱い。
Bにもかかわらず変えようとしない(硬直化している)。
C大手が同じやり方を始めて、顧客をどんどん奪われている。
Dそのような不利な状況で他社と競い合うのは非常に辛い
。 


などが主な理由です。


元の会社では、ぼくが辞めたあとにも中堅どころの社員が2人辞めて大幅戦力ダウンとなっています。
今後も人材の流出が予想されます。

まぁ、どうなるか高みの見物とさせていただきましょう ( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ


何かしら心に残ったら下記ランキング左斜め下バナーのクリックにご協力下さい。
人気ブログランキングへ
posted by じょんぽーる・リンゴ at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

丸3年経過・・・・・軌道修正

実に8ヶ月ぶりの更新であります。

皆様、ご無沙汰しておりました。お元気でしょうか?


さて、表題の件ですが、今の会社に就職して 丸3年が経ち ました。

3年も経てば、いろいろと状況が変わっています。
全く予備知識なしでこの職に就いて、3年間まじめに頑張ってきました。
3年も経つと一通りの業務は覚えられたし、業界全体のことも分かるようになりました。


入社当時から比べると、自分自身ももちろん変化していますが、世の中の状況も変化しています。


今やデフレから脱却するか・・・・!?
というところまできています。
失われた20年が終わるかも知れないのです!




変化に気づいているか




これは、このブログで何度かメッセージとして書いていることです。
ぼくは、変化を見極めて行動に移すことは非常に大事なことと考えています。





さて、前置きはこれぐらいとして・・・・






会社を移るかも知れません。




同業他社から強い誘いが来ているからです。

今の会社で10年勤めた先輩が一足早くそちらの会社へ移籍したのですが、
するとかなり良いらしく

『お前も早くこっちに来いよ〜!』

と言われているわけです。


理由はそれだけではありません。


今の会社は小さいながらも独自のやり方で業績を伸ばしていたのですが、
大手が同じやり方をし始めたために、売上が落ちてきました。
物量に勝る大手と同じやり方でやっても太刀打ちできません。

我々、現場の社員達はすでに昨年からそうなることを予見して、優秀な先輩達が社長や経営陣に
他社対策や自社の改善策を提案していたのですが、経営サイドは

まったく聞く耳を持たない

のです。


『ダメだこりゃ(ーー;)』

と思わざるをえないのです。


というわけでして、丸3年迎えて軌道修正を図っているところです。

何かしら心に残ったら下記ランキング左斜め下バナーのクリックにご協力下さい。
人気ブログランキングへ

posted by じょんぽーる・リンゴ at 21:04| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

今朝、・・・やっと大学を卒業できる\(^^)/

という夢を見ました(^_^;)

『落とした単位もあるし、出席日数も少し足りない・・・。卒業できるかの判定は極めて微妙なライン・・・。不安な日々を過ごしていたが、卒業できることが確定して喜んでいる自分。』

という内容です。


実際の大学卒業から20年も経ているにもかかわらず、こんな夢をみるとは一体????


起床してからしばらく感慨にふけっておりました。

『卒業してから20年も経つんだなぁ・・・』

一体、この20年でどれほどのことが達成できただろうか?

まさに 失われた20年
いや、バブル崩壊後に社会に出たぼくらにとっては 受難の20年 であっただろう。


一番キツイ時代に一番キツイポジションで過労死寸前まで体を張って頑張ってきたのだ。


いつ終わるとも知れない長引く不況の中、同僚の首がいくつもポンポンと面白いように飛んでいった。

クビになった人たちは路頭に迷うこととなり辛かっただろうが、残された人達にもそれはそれで大変な地獄が待っていた。
辞めた同僚の分の仕事までも受け持たなければならず、一人で二〜三人分の仕事は普通にやっていた。
しかしその一方で増える仕事量とは逆に収入は減らされる、という

仕事量と収入が反比例

していったからです。
その頃の体感をぼくは当時

『下りのエスカレーターを逆に下から上に登っていっているような感じ』

だとか

『疲れを感じること自体に疲れた』

などと表現していました。
また、同僚は

『頭上に死兆星がいくつも輝いているのが見えた』

と言っていました。
リストラ、デフレ・スパイラルと盛んに言われながら全く底が見えない不況に「いったいどこまで落ちるのだろう。」と背筋がゾッとしたのを覚えています。

バブル時代は反対に「人手不足」ということがまるで流行語かのごとくあちこちで盛んに言われていたのをぼくはわりとよく覚えていますが、正直、バブルのツケがこんなに長く続こうとは思っていませんでした。

「このまま日本は潰れてしまうかもしれない。」とも思ったし、実際、当時の日本を支えていたのは、安い収入にもかかわらず最前線で不眠不休の過労死寸前まで働いていたぼくら若い世代だったわけで、あの時にぼくらが「もう、や〜めた!」といって縁の下から手を離したら、きっと日本はガラガラと音を立てて崩壊したに違いないと思っています。


デフレから脱却しようとしている今、80年代バブルの狂乱にしても平成不況にしても忘れるべきではないと思っています。



そんなふうに思いを巡らせていた今朝でした(^_^;)
posted by じょんぽーる・リンゴ at 21:12| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。